読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

うっかり霊魂のシワザにしてしまうと、恥をかく話

不思議体験・泣き笑い

 さて、ハエ、ハチの話に続けて、本日はハトです。

(偶然にも、「ハ」で始まる二文字)

 

いきなりですが、次の写真をご覧ください。
2008年、年の瀬の12月28日の早朝、
私がある場所で撮ったものです。

f:id:otakebi13:20090107223258j:plain

写真の上部に、ヘンな球体が写っています。

 

もう少しアップしてみます。

f:id:otakebi13:20081228185958j:plain

気味が悪いを通り越して、おどろおどろしいです。
写真を撮ったときは気づかなかったのですが、
後でデジカメのモニターでコレを見て、

血の気が引きました。
てっきり、浮遊霊か何かの霊魂かと思ったのです。

 

f:id:otakebi13:20081228190011j:plain
しかも、まとわり付いてくるこのシツコサが、
なんとも気味悪いのです。

これでは、私はもう観念するしかありませんでした。

自分は悪霊に憑りつかれてしまったのだと・・・。

 


しかしながら、夜が明けて、日が昇り、

お昼ご飯も食べ終わったころになると、

さすがに気分も変わってきます。
なんかヘンだ、と考え始めます。
もしかすると、アレは霊とも、

オーブと呼ばれるものとも、
ぜんぜん関係ないのではないかと・・・。

 


そして、自分なりにいろいろ考えて、出した結論はコレです。

f:id:otakebi13:20090118085323j:plain
見たままに、私が描いたイラストです。
私が撮ったデジカメのレンズの表面です。
(レンズは小さいので、写真ではうまく撮れませんでした)
よく見ると、油というか、油膜のような汚れが、
レンズの中心辺りに付着していました。
 
 

もちろん、ヘタクソな絵ですから、

実物とまったく同じというわけにはいきませんが、

このような油膜がレンズに付着していたの
は紛れもない事実でした。
車のフロントガラスの油膜が眩しく光るのと同様に、
油膜によって、カメラのフラッシュ光がヘンに感光

してしまい、このような球体を現像させたのだと

考えられます。

 


2008年当時、この不思議な球体のことを、

当時のブログで書くところでした。

霊魂(or オーブ)に追いかけられたと・・・。

そんな記事を書いていれば、

本当に恥ずかしい思いをしたと思います。

 


追記:ネット上の情報によれば、

   次の条件がそろったとき、

   球体が現像されることが多いようです。
 
  1、湿気が多い(大気中の水分が多い)
  2、大気中に塵が多い
  3、夜、ストロボを使用する