読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

イチロー選手が変わった理由を、対談相手の矢沢永吉さんのせいに勝手にしてみた

野球 Baseball イチロー

イチロー選手が始動しました。

新チーム・マリーンズのキャンプに参加した

模様です。

f:id:otakebi13:20150224154038p:plain

(元ニュースは、こちらで↓)

イチロー、“ツンデレTシャツ”でキャンプ地入り 道具は新天地カラーで統一 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

東京で行われた入団会見でもそうでしたが、

イチロー選手は自分の言葉で雄弁に語ってい

ました。 オリックスで新人の頃は、

もっと慎重で、口数も少ない人でした。

ですから、ずいぶんと彼も変化したものだと

あらためて思います。

 

根拠も何もないのですが、彼が変わったのは、

もしかすると、ある人物との対談がきっかけ

だったのではないかと考えます。

もちろん、2006年に、メージャーの年間

最多安打記録を更新し、トップに立ったこと

も大きかったと思います。

 

しかしながら、それ以上に、大きかったのは、

やはり、その人と対談したことがきっかけ

だったのではないでしょうか。

それ以後、イチロー選手のコメントが、

かなり大胆なものになりました。

 

その対談相手とは、あの矢沢永吉さんです。

 

以下、関連書籍より、貼り付けます。

会話が物凄く噛み合っているところです。

 

<掲載開始>

 

イチロー: 僕はいままで、矢沢さんのよう

に五〇歳を越えられた方、あるいは四〇歳を

越えられた方とお会いしてきました。 

まぁ様々な四〇代、五〇代の方々とお話をさ

せていただいて、感じていたことがあるんで

すよ。 それはなにかというと、

その年代で、失礼ですけど魅力のない方って、

もう自分が行くところまで行っちゃったみた

いなんです。 若い人に対して、

ちょっと上からものを言ってくるんですね。

 

矢沢: うん、うん、

 

イチロー: そいういう方たちは、

なんか上からものを言う姿勢で来られる傾向

があるんですね。

自分は、世の中のことをたくさん知っている。

いろんな経験を重ねてきている。

だから、聞きなさい。 私は教えてあげるよ、

っていうようなスタンスなんです。 

そういうスタンスで来られると、

「ああなんか、この人は限界なんだろうなあー」

って思うんです。

 

矢沢: なるほどね。

 

イチロー: それとは逆に、輝いている人って、

常にさらなる上を目指してる。

常に誰とでも対等。 いくら歳が違っても、

常に目線を僕らと同じところまで持ってきてくれる、

そんな懐の大きさがあるんですよね。

それが、まさに矢沢さん。 

いまたったこれだけの短い時間、お話させていた

だいているだけでも感じるんですけど。

 

矢沢: いやいや。(笑) 

僕ね、いまイチローさんが言われたこと。 

その、ちょっと目上の人で、

上から「教えたる」みたいなものを感じる

ときがあると。 そういうときは、

イチローさんは「この人、もう限界なんだろ

うなぁって思う」と。

 

イチロー: はい。

 

矢沢: 僕ね、こう思うんですよ。

欲求・・・・つまり、

なにかもっと欲しいんだとか、

もっと自分はハッピーになりたいんだって

いう人。

そういう人は上から言うとか言わないとか、

そういうことすら、ないと思う。

 

イチロー: そういうことすらない、と。

 

矢沢: わかりますかね。 

もっと全然、普通なんですよ。

だから、僕なんかそうなんですよ。

「さて、今年は俺どういうライヴをしようかな」

っていうこと、ただそれだけ。

これは永遠に変わってないんですよね。

 

イチロー: はい。

 

矢沢: そういうことなんですよね。 

自分はもっと楽しもうとか、

自分がやるべきことがあるとか。

自分には、今年はどういうテーマがあるのかな

とか。 そういう自分に対して新たなテーマが

ある人は上から言うだの、言わないだの、

歳の差があるだの、ないだのってことすらもな

いでしょう。

 

イチロー: なるほど。

 

矢沢: だからたぶん、やるべきテーマがある

人間同士が向き合えば、

お互いの会話は普通の会話になる。

いまこうして向かい合っているイチローさんと

僕だって、二〇歳ぐらい違うでしょう。

 

イチロー: 二四ですね。

 

矢沢: 二四歳違いますよ。 つまりこれって、

ふた回り違うんですよ。 

ふた回り違うとやっぱり世代も違う、

考え方も違う。 違うけど、

ふたりの間において一本、共通のものはなにか

って言ったら、現役ってことなんですよ。

 

イチロー: はい、そうですね。

 

矢沢: 僕、まだ現役なんですよ、

おかげさまでね。 現役やってると、

「さて、今年はどうしてやろうかな」

って思うんですよ。 

イチローさんも、毎年そう思いませんか。

 

イチロー: 思います。

 

矢沢: 「去年はああしたしな、だから今年は

こうしてやろう」って。 

今年はどうしてなくちゃいけないんだろうって

いうことに対して、僕、ずっと変わってないん

ですよ。 一〇年前も、二〇年前も、

ちっとも変わってない。

それって、すごく幸せなことなんです。

ほんとすごく幸せなことなんです。 

だから、いまも現役でいる、いまも昔と変わって

ない。 だから毎年やるべきことがある人間は、

そんな上だの下だの、

右だの左だのってことなんか、

ありゃしないんだよね。

 

イチロー: わかります。

 

矢沢: だから、イチローさんが感じられた、

「この人、限界なんだろうな」って。 

これ、その通りなんですよ。人に対して、

「教えてやろうか」って言った段階で、

その人はもう熱くないんです。

もう、絶対に熱くないですよ。

そういうこと言ってる人は、

実はもう現場にはいない人なのかもわかんないね。

 

イチロー: ああ、そうかもしれないですね。

 

<掲載終了>

 

(上記対談は「イチロー × 矢沢永吉 英雄の哲学」

(ぴあ株式会社刊)のP-22~P-26より引用掲載さ

せていただきました。 また、この対談の模様はテ

レビでも放送されました。 今でも、Youtubeで観

ることが可能かもしれません・・・

消されていなければですが)

 

最近、友人から、若いヤツにビシッと言ったってくれ、

みたいなことを頼まれました。

ですが、上記対談が頭にこびり付いて離れない私で

したから、とうとう何も言えずに終わりました。