読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

電信柱に染みついた悲しみに、涙することができようか、という話

不思議体験・泣き笑い 無名の人で、偉い人

前回の記事、テーマは「感情移入」でした。

私には、もう一度だけ、

同じような体験をしたことがあります。

その話を書くのは、また別の機会に譲りますが、

本日は、私など比べ物にならないくらいの、

感情移入の達人・・・にスポットを当ててみます。

 

その人に、前回記事の内容を話した直後のことです。

すると、その人は、

 

「自分にも思い当たる節がある。

 たとえば、田舎の駅を降りて歩いていると、

 木製の古い電信柱と出会う。

 それを見ていると、涙が出てくる・・・」

 

と言いました。

 

唸りました。

私なら、木製の古い電子柱を見ただけで、

泣けるとは到底思えませんでしたから。

私の場合は、相手は生身の人間でした。

その人は、対象は木製の電信柱という物体です。

 

それでも、電信柱の悲しみが伝わるのだとしたら、

昔そこで暮らした人々の悲しみや、辛さや、怨念が、

何らかの理由で電信柱に刻み込まれ、

それをその人が読み取っている、としか思えません。

 

私には、そのような体験はありませんし、

今後もそれが出来るとは思えません。

 

f:id:otakebi13:20150319200632j:plain