読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

眼瞼下垂の手術後、私にオーマイガッー!と叫んだ女

無名の人で、変な人

かれこれ10数年前のこと、

眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術を受けた

ことがあった。 眼瞼下垂とは、いわゆる、

まぶたが腫れぼったくなり、下に垂れ下がって

くる様をいう。 俳優で、岸部一徳さんという

方の、あの重苦しい(失礼)まぶたを思い出し

ていただければ、だいたい想像がつくだろう。

 

f:id:otakebi13:20150321173057g:plain

その日、左目まぶたの手術を終えた私は、

左目に眼帯を掛け、そしてサングラスをして、

新大阪駅構内を歩いていた。

今の新大阪駅はずいぶんと小奇麗になったが、

当時の同駅は西の玄関口としては、

あまりに汚く、侘しく、貧相であった。

 

私は時間潰しをかねて、適当な喫茶店を物色

するなどしていたのだが、ちょうどその時、

ある店の入り口付近に座っていた人と、

目と目が合ってしまった。

その人は、たぶん旅行者で、

ヨーロッパから来られた女性と見受けられた。

 

その女性が、なんとなしに私の顔を見上げる。

私は眼帯にサングラス。

恐らく、異様ともいえる顔立ちであったのだろう。

 

女性は思わず口をすぼめ、

両手を自分の頬に当てたかと思うと、

次の瞬間、口を大きく動かした。

しかし、声は聴こえない。 聴こえないが、

確かに女性が叫んだように思えた。

 

『Oh!  My  God !!!』

 

f:id:otakebi13:20080712230354j:plain

 

そんなサイレンスな絶叫が、

私には確かに届いたような気がした。

 

私は恥ずかしさのあまり、

足早にその場を立ち去ったのは勿論だが、

今から考えれば、その女性にツッコミを入れて

おくべきだったと後悔している。

 

『あんた、今、”Oh!  My  God !”って、

 言ったやろ!』

 

私がそう問うたとすれば、彼女はいったい何と

答えたであろうか?

彼女のコメントの如何によっては、

今書いているこのブログ・・・、

本当はもっと面白いモノが書けたのではないか、

などと、実は悔やまれてならない。