読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

A Day In The Life

朝、右手にしていた指輪を洗面台の上の置いた。

置いたつもりが、転がってしまい、

あれよという間に、排水口の中に落ちた。

上から覗くと、底の方で、

リングの形が確かに見えている。

だが、底までの距離があるから、

指が届いてくれない。

さりとて、歯ブラシなんかで突いても、

ひっ付かないから、埒が明かない。

焦って、無理にツツイテいたら、

案の定、指輪は水を逃す隙間に入り、

排水溝の奥深くへと消えていった。

 

朝のコーヒーを買おうと、コンビニに寄った。

100円で買えるにしては、美味しいコーヒー。

コーヒーを入れ、いつものように、

カップに蓋をしようとしたその時だ。

あろうことか、力余って、カップごと倒し、

中のコーヒーをぶちまけてしまった。

手、床、台の上、そこらに、液体が飛散した。

店員が大丈夫ですか、と言い寄ってくる。

申し訳ないのは、こちらの方だ。

店員がモップを持って来て、床を吹き始めた。

 

「仕事を増やして、スミマセン」

 

と謝った。

 

昼、車を運転していて、赤信号で車を止めた。

青に変わり、スタートしようとすると、

前の車が動かない。

クラクションを鳴らして催促するも止まったまま。

動く気配さえ見せない。

今の車で、エンストなんてするか。

運転手の男は、無意味に腕を振った。

先に行けということか。

しょうがないので、対向車線の往来が消えるのを

待って、前の車を追い越して行った。

 

昼食を終え、車に戻ってみると、

左側のウィンドウに、鳥のフンがあった。

どう見ても、ハトなんかのかわいいフンではない。

トンビか、カラスか知らないが、

随分とハデに落としていってくれたものだ。

家に帰って、洗剤で洗った。

 

こんな日もある。

こんな日もある。

生きていれば、こんな日もある。

命を落として死ぬよりは、

ずっといい一日だった。

 

f:id:otakebi13:20150328084704j:plain

(コーヒーをハデにぶちまけた跡)