読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

もし突然、” 花嫁さん ” と電車の中で乗り合わせたなら・・・

またしても、『阪急電車』で引っ張ります。

もし、花嫁姿の女性と偶然に、

電車の中で居合わせたとしたら、

皆様はいったいどうお感じになりますか?

 

f:id:otakebi13:20150425134544p:plain

 

映画『阪急電車』には、こんな場面があります。

突然、純白の花嫁衣装を身にまとった女性が一人、

電車の中に乗り込んできます。

そこへ、宮本信子が扮するお婆ちゃんと、

彼女のお孫さんが居合わせます。

お孫さんは『あっ、お嫁さんだ』と呟きます。

しかし、お婆ちゃんは言います。

 

『あれは、お嫁さんじゃないのよ』

 

この段階で、お婆ちゃんは全てを見抜いています。

花嫁姿の女性の身の上に起こった出来事を・・・。

 

私なら、見抜けないと思います。

せいぜい、映画か何かの撮影でもあるのか、

と思い浮かべるくらいです。

恐らく、男性で、これを見抜ける人は皆無に近い

でしょう。 いや、同性である、女性であっても、

見抜ける人は少ないかもしれません。

それなりの経験を積み、上手に年齢を重ねた人

じゃないとまず理解出来ないと思います。

 

お婆ちゃんは“車内の花嫁さん”に声を掛けます。

 

『討ち入りの成果は、どうだったの?

・・・・・。

よかったら、話してみない?

単なる、通りすがりの野次馬に・・・。

気が楽になるわよ。

それとも、他人に話すなんて、嫌かしら?』

 

なんという、想い遣りに溢れ、

含蓄を含んだ問いかけであろうか・・・。

(特に、“討ち入り”なんて言葉、

 まず出て来ないはず)

これ以上のセリフはあり得ない。

私は本気でそう思っている。

 

この後に続く、二人の会話も秀逸である。

私がここで、その会話を書きはしない。

興味がある方は、この続きをぜひ映画で観て、

ご自身で確かめてほしい。

大げさにいえば、優れた作家というものの、

本物の実力の程がわかると思うから。