読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

本を売るならブック〇〇か、それとも、別の方法もある・・・?

引越のため、かなりの本を処分しました。

ブックオフさんに買い取って頂きました)

その中で、高く売れた本をご参考までに、

紹介してみます。

 

売却点数:784

売却金額:¥21,035.-(合計)

 

(値段が付かずに処分してもらった本は、

 300冊くらいはあったように思います。

 落書きしてある本、付箋がベタベタ貼ってある

 本は値が付かないようです)

 

新刊書でも、安い本は10円~100円。

ちょっと高く売れても250円といったところです。

 

この中で、400円という高値で売れたのは、

下記の4点でした。

 

24人に1人 渡すだけで仕事が取れる絶対受注名刺

(福田 剛大著)

 

脳内物質仕事術

(樺沢 紫苑著)

 

死ぬ理由、生きる理由

(青山 繁晴著)

 

フォルトゥナの瞳

(百田 尚樹著)

 

傾向として、具体的な目的がはっきりした本か、

人気作家が書いた本が高く買い取ってもらえる

ようです。

 

『脳内物質仕事術』に関しては、

完読した記憶がないのですが・・・。

ADHDアスペルガーである私としては、

再度買い戻して読むべきかもしれません。

(その場合でも、自分が売った本を、

 ブックオフさんから買いますが・・・(笑))

 

青山繁晴氏の『死ぬ理由、生きる理由』も、

内容が硫黄島関連であることから、

本来は売るべきではありませんでした。

決して手放すつもりはなかったのに・・・。

失敗でした。

 

百田尚樹氏の『フォルトゥナの瞳』は、

氏の著作にしては???でした。

あくまでも、『永遠のゼロ』や、

『海賊と呼ばれた男』と比較してですが・・・。

これぐらいの内容ならば、もっと短く、つまり、

短編でもよかったのではないか、

というのが率直な気持ちです。

それでも、人気作家の威光が効いてか、

400円で買い取ってもらえました。

 

それから、CDやDVDも売りました。

 

総点数38点、売上合計¥16.470.-

 

この数字なら、本を売るより、

CD/DVDの方が明らかに効率が良いです。

活字より、ビジュアルというところでしょうか。

なかには、DVDで¥2,700、¥3,300で売れたも

のがありました。 しかしながら、

もっと高く売れる方法があると後から知って、

少し後悔しています。

 

その方法とは、オークション代行業者に依頼する

ことです。 自分でオークションに出店するのは、

売る点数が多くなると結構大変です。

写真を撮り、説明文も考えねばなりません。

時間も労力もかかります。

 

オークション代行業者を通じてモノを売った経験

はありませんが、今後は検討してみる価値があり

そうです。

 

オークション代行業者ベスト3なるサイトを見つ

けました。 以下、ご参考までに・・・。

 

高く売るならココ!オークション代行サイトを徹底比較!

http://www.acting-auction.net/

 

f:id:otakebi13:20150501175808j:plain