読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

ちょっと、映画評論家気取りで書いてみます・・・『アンジェラ』

映画『アンジェラ』がいい。

今なら、ヤフーGYAOで無料視聴が可能です。

私はこの映画の存在を全く知りませんでした。

なので、期待せずに観ましたが、

当初の予想は見事に裏切られました。

監督&脚本はリュック・ベッソン

氏は優れた映画人であり、

同時に相当な人間通でもあると思います。

 

この映画のテーマは多種多様ながら、

そのひとつは、『聖と俗』だと考えます。

『俗』の中には、当然、悪も含まれます。

映画の冒頭、借金取りに囲まれる主人公・・・。

これで、この映画はフランス版・『ミナミの帝王

系か、ありふれた暴力モノかと思いきや、

意外な展開を見せます。

 

『聖』なる場面に関しては、

特に『鏡のシーン』が秀逸です。

 

『人に愛されないと、自分を愛すのは難しい』

 

など、人間の本質を突いたセリフが登場します。

この場面、自分を愛せない人は、

観るのが辛いかもしれません。

いずれにせよ、この『鏡のシーン』は、

映画史上、最も『聖』なるものを感じさせる、

と個人的には思います。

 

また、主人公の男が橋の上から、

セーヌ川に飛び込むところも面白いです。

(かつて、故岡本太郎さんも、

 己の作風が確立できずに苦しみ、

 橋の上からセーヌ川に飛び込んだことがある

 そうです)

 

男は飛び込む寸前に、

我が身の不運・不幸を呪って呟きます。

 

  皆でバカにしやがって・・・

 

  死んでやる・・・

 

ここで、一気にカメラのアングルが移動します。

天から見下ろすように、男の姿を映し出します。

男は天を見上げ、

神に向かって問いかけます。

 

  (自分が死ぬこと)それが望みだろ・・・?

 

でも、神からの返答は当然ありません。

再度、男は神に問います。

 

  なぜ見捨てる・・・?

 

  なぜ質問に答えない・・・?

 

この辺り、故遠藤周作さんの著作『沈黙』が

想起される場面です。

 

かといって、この映画には、

シンキ臭い匂いはありません。

おふざけモードもそれなりにあります。

なので、十分に楽しめる映画です。

 

また、映画は完全なるモノクロです。

色がない・・・。

このことが、大人のファンタジーとして、

映画を成功に導いています。

パリの街並みの美しさも映えています。

 

f:id:otakebi13:20150515125733p:plain

 

gyao.yahoo.co.jp