読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

忘れ物、ウワの空、意識は一つ、

先日、友人Sとコンビニへ買いに行きました。

弁当や飲み物を買ったついでに、

Sは煙草も買いました。

で、店を出た瞬間、ちょうど出口のところが

やや下り坂になっており、

それに気付かなかったSは脚を取られ、

コケそうになりました。

幸いにも、コケはしませんでしたが、

よろめいた姿が可笑しくて、

私は少し笑いました。

 

自宅にて食事を終えると、恒例の煙草タイム。

買ってきたばかりの煙草をカバンから取り出そ

うとするSでした。

しかし、あろうことか、煙草が見つかりません。

先程購入して間もない煙草です。

ないはずがありません。

カバンの中にあるものを出して、

確認するも見つかりません。

私はSの車の中にあるのではないかと思い、

Sの車へ向かいました。

ですが、車の中にもありません。

部屋にもどると、Sは見つからない煙草に落胆し、

何やら毒づいています。

 

きっと、コンビニ前でコケそうになったとき、

はずみで煙草を落としたのでしょう。

私がそう言うと、Sもその仮説に納得した様子で、

しぶしぶながら、諦めたのでした。

 

ところが、数時間後、自宅に戻ったSは、

買った煙草があるのを発見しました。

自分のカバンの中にあったのです。

あれほど探したのに、

なんで、カバンの中にあるのか・・・?

奇跡じゃ、不思議じゃ、とのコメントをSはLINE

で書いて、私に寄こすのでした。

 

━━━某日、私は連れ合いとバーというか、

ダイニングというのかへ夕食を取りに行きました。

私たち二人の他に、女性のお客が一人。

歳の頃合いは、30代半ばくらいでしょうか。

その人は、小一時間ほど店で粘っていましたが、

会計をして、店を出ようとしました。

その時、女性は店の兄ちゃんに尋ねました。

 

『わたしのカーディガンは・・・?』

 

店に預けたはずだと女性は言い、

確かにカーディガンを着て来たと言い張ります。

兄ちゃんはポカンとしていました。

おもむろに、カバンの中を確認する女性。

すると、カバンの中にカーディガンがあるのを

見つけ、茫然とする女性でした。

 

・・・忘れ物、探し物。

私が最も得意とするところ。

でも、他の人も同じようなモンやんか!

などと、思わず、ほくそ笑む瞬間でした。

 

人間の意識というのは不思議です。

たぶん、意識は一つのことにしか集中できない

のでしょう。

あることに気を向けていると、

他のことには気が廻らない。

私など、その典型です。

かなり前のことですが、

ある駐車場でバックモニターを見ながら、

バックで駐車させようとしていました。

モニターを見てはいましたが、

頭では他のことを考えていました。

それで、見ているにも係わらず、

障害物があるのを全く気付かず、

車の後部をブツけてしまったことがあります。

 

見ているのに、見えていない・・・。

 

もうひとつ、困ったのはゴルフです。

コースでクラブの存在を忘れ、

後ろのホールにクラブを置いて来てしまうのです。

とくに、会社関係のコンペでは最悪です。

最初は、後ろの組の人が、

 

こうのすけさん、クラブ忘れてますよ、

 

とカートに積んで運んで来てくれたりしましたが、

あまりに頻繁だと、知らせてもくれません。

 

私の意識は一つです。

フェアウェーでボールを打ったとしましょう。

その時点で、7・8打を叩いていれば、

そもそも打数を数えるのが大変です。

OBなんぞを含めると、

自分が何打目を打ち終えたのか、

頭の中は計算不能に陥っています。

さらに、次は何番のクラブで打つべきか、

そのクラブが手元になく、

カートまで取りに行かねばならないとき、

もう溜息しか出ません。

その他、自分のプレーが遅くなって、

同組の人に迷惑をかけてはいけないなど、

ゴルフは考えることが多種多様です。

自分が掴んで持って出たクラブの本数など、

私の脳裏・意識からは消え失せて、

気持ちいいくらい、自分のクラブをフェアー

ウェイや、グリーン周りに忘れてきてしまい

ます。

 

聖徳太子の能力が欲しいです。

7人ぐらいが同時に喋っても、

聴き分けて、答えられたという能力です。

聖徳太子は単に頭がいいばかりではなく、

意識が独立して7つぐらいあったのでは

ないでしょうか?

 

それならば、生きていくことがずっとラクに

なるだろうし、そもそも、ウワの空であった

としても、忘れ物などしないで済みます。

 

f:id:otakebi13:20110528150027j:plain