読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

フクロウの目、アサリの目、ついでに男とか、女とか、

ネコさん 葛藤と問答

最近、すっかり『鳥』づいております。

本日も鳥さんの話題で始めます。

 

まずは、こちらの記事をご覧ください。

いつもお世話になっているhappy-ok3さんの

記事『フクロウの目~。』です。

 

siawasetori.hatenablog.jp

 

こちらの記事では、

フクロウの目と首について語られています。

鳩に比べ、フクロウの視野は狭いです。

視界は、ほぼ60度~70度。

この視野の狭さを補うために、

フクロウは首を動かします。

なんと、前後左右に約180度も首を回せる

のだそうです。 ですから、

自分の真後ろ見ることが出来るわけです。

 

(更なる詳細はhappy-ok3さんの記事をご参照

 ください)

 

フクロウについては、

私も以前から気になっていたことがあります。

それは、フクロウの目です。

フクロウの目って、猫の目に似ていませんか?

私は似ていると感じていました。

フクロウにも様々な種類があるので一概には言え

ませんが、ごく一般的(?)なフクロウの目は猫

の目と瓜二つだと思います。

 

ここで、アサリの登場です。

猫のアサリは、生前よく私の腿の上に乗るのが好

きでした。 それも、恥ずかしいからなのか、

私に背を向けた格好で私の腿に座ります。

そうすると、アサリの顔が見えません。

その状態で、『アサリ』と声をかけると、

アサリは顔だけ振り向けて、

『な~に?』みたいな感じで、

私の顔を見上げます。

その姿がフクロウそっくり・・・。

 

『おまえは、フクロウみたいな猫やなあ』

 

と、なんど言ったかわかりません。

 

f:id:otakebi13:20030305235232j:plain

 

アサリについては、私は一つ重大な誤解をして

おりました。アサリのことは、

ずっとメスだと思っていたのです。

ところが、病院へ連れて行って、

獣医さんに指摘されて初めて知りました。

 

『アサリちゃんは男の子ですよ~』って。

 

先日、この話を友人Sにすると、

相当呆れられました。

7年も猫を飼っていて、

オスもメスもわからんとは考えられん、

というわけです。

 

下の過去記事では、

アサリを女として書いています。(完全に)

(上の写真、アサリの足許が女っぽいでしょう)

otakebi13.hatenablog.com

 

一方、こちらの記事中の写真には、

しっかりオスと書いてあります。

otakebi13.hatenablog.com

 

ふと考えると、

私は男だからとか、女だからとか、

ほとんど考えないタイプのようです。

実際にこの20年くらいは、男のくせに、

女のくせに、とかで他人様に意見した記憶が

ありません。

 

ただ、あの時ばかりは、

男のくせに・・・と思ったことがあります。

それは、長野オリンピックです。

あの原田選手の大ジャンプ後の号泣。

『フナキ~』と情けない声で、

嗚咽を漏らす姿に、さすがの私も感じました。

 

だいじょうぶか、この人、

男のくせに、人前で、

こんなに泣いていいものか・・・。

 

でも、何度も映像で観ていると、

そのうちに慣れました。

以後、私の男だから、女だからという区分けは

完全に失せ、今日に至ります。