読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

類は類を呼ぶ・・・を妙に実感させられた話

無名の人で、変な人 不思議体験・泣き笑い

コンビニで買い物を済ませた私は、

駐車場に停めてある車の中へ身を沈める。

ここは、Wi-Fiの電波が届くから便利だ。

ときどき、ここで自分のブログや、

他のブロガーの皆様の記事を読む。

 

車の中でスマホをいじってから数分後、

おもむろに車のドアが開く音がした。

ガシャッ!

その瞬間、私は誰かに喧嘩を売られたのか

と思った。

それくらい、躊躇いのない開け方であった。

 

ドアが30度くらい開かれたとき、

別の考えが浮かんだ。

 

これは、私と似てそそっかしくて、

モノ忘れの酷い人が自分の車だと間違え、

私の車のドアを開けているのだ・・・。

 

恐らく、ドアが45度まで開かれる時間は、

1秒もなかったであろう。

それなのに、この短い時間の中で、

喧嘩を売られた&私に似た人が・・・という

二つの考えが浮かんだのだから、

意識というのは実に不思議なものだ。

 

案の定、ドアを開けた男は、

車の運転席にいる私を目撃して、

アッ、間違えました、ごめんなさい、

と言ってドアを閉めた。

 

見ていると、男は私の左隣に停めてある黒い

車に乗り込んでさっさっと車をスタートさせ

て去って行った。

私の車も黒い。 同じ色だ。

だが、車種が違う。

大きさも向こうの方が大きい。

だから、分かりそうなものだと思うのだが。

 

ここで、白状せねばならない。

実は、私もこの夏、同じ間違いを犯しそうに

なったのだ。

ちょうど、私が脳のMRI検査を受けた日だっ

たと記憶する。

コーナンの駐車場に停めてあった車に友人と

向かっていた時だった。

友人とふざけてバカ笑いをしたせいか、

私の視線は中空を彷徨っていた。

黒い車の前でドアを開けようとするも、

ロックが外れる音がしない。

不審に思って中を覗くと、

それは他人の車であった。

 

しかも、開けようとした車はBMW

私の車はフツーの国産車

共通点は、黒だけだ。

友人はこの状況を見て、

腹を抱えて笑っていた。

 

オマエ、黒しか分からんのか・・・?

 

故に、コンビニで私の車のドアが開かれた際、

私は直ぐさま閃いたのだ。

これは、ひょっとすると、

私と似たような人が・・・と。

 

似た者同士・・・、類は類を呼ぶ・・・、

使い古されて、気にも留めていなかった言葉。

だが、それは実際に正しい。

そのことを妙に実感させられた出来事だった。

 

f:id:otakebi13:20120924151943j:plain