読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

高校時代の思い出・・・偽善ついでに、

あれは、高校何年生のことだったか、

下校時にちょっとした事件があった。

ある駅で下車し、ホームを歩いていると、

赤い羽根募金を催促(?)する集団がいた。

そのほとんどは、オバサマ達であった。

すれ違いざまに、一人のオバサマが、

赤い羽根を持った手を振りかざし、

私の友人に近づいたのである。

 

『募金、お願いしま~す!』

 

と言いつつ、振り上げた腕を友人の胸ポケッ

トをめがけて振り下ろした。

恐らく、友人の胸ポケットに赤い羽根を忍ば

せようとしたのだろう。

ところが、オバサマは急いていたのか、

手と腕の動きに繊細さを欠いていた。

このとき、季節は真夏であった。

当然、上着などは着ていない。

薄手の半袖カッターシャツ姿だった。

その胸ポケットに向かって、

赤い羽根が急降下したのである。

 

『痛いッ!』

 

赤い羽根の針が、彼の胸にまともに刺さった。

痛くて当然だった。

友人は険しい顔で、刺した相手を睨みつける。

そして、オバサマに向かって、

何か文句を言ったとは思うが、

彼がどんな抗議を行ったのかについては、

残念ながら、よく覚えていない。

 

ただ、彼は私の友人の中でも、

筋金入りの『偽善嫌い』であった。

そのオバサマに対しては、

執拗に暴言は吐くことはなかったとは思うが、

そのことで私には、何度となく、

ブチブチ言っていたような記憶がある。

 

 

f:id:otakebi13:20151120175150j:plain

(Photo by 友人S in the Osaka USJ)