読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

ハッピー・クリスマス(War Is Over)の冒頭の囁きの件

 

またまた、ジョン・レノンのことを書きます。

本日は『ハッピー・クリスマス(War Is Over』

いわずと知れたクリスマス・ソングです。

また、イマジン同様に、

戦争を望まない平和志向の歌として知られて

います。

 

でも、私はあることに気づいておりませんで

でした。 それは、この歌の冒頭です。

ジョンとヨーコが曲が始まる前に、

小声で囁いているのですが、

私には次のように聴こえました。

 

“ハッピー・バースデー、ヨーコ”

 

“ハッピー・バースデー、ジョン”

 

ところが、実際には、

 

“ハッピー・バースデー、キョーコ”

 

“ハッピー・バースデー、ジュリアン”

 

と言っているそうです。

 

このことは、あるコアなビートルズファン

の方から指摘されて初めて知りました。

気になって、自分が持っているCDの歌詞

を見てみました。

すると、“キョーコ”と“ジュリアン”と

確かに明記されていました。

(古いレコードに付いている歌詞には、

 ヨーコとジョンとなっているものもある

 そうです)

 

キョーコとは、ヨーコさんと前夫との間に

出来た子供。

ジュリアンはジョンの前婦シンシアさんとの

間に生まれた子供。

 

イマジンもハッピー・クリスマスも平和を望

む歌ではありますが、

ジョンはただのノー天気な理想主義者ではな

いと感じました。

なぜなら、お互いの別れた妻と夫の間に生ま

た子供の名を曲の冒頭にわざわざ持ってくる

のですから・・・。

とても、現実を見据えた姿勢を感じさせます。

 

実際、ジョンがヨーコと付き合い始めたとき、

ジョンとシンシアはまだ夫婦の関係でした。

ですから、ジョンとヨーコは不倫の関係でス

タートしたわけです。 

世間的にいえば、決して誉められた関係では

ありません。

そういうことにも目を背けないで、

ちゃんと認識している人なのだと思います。

 

ところで、私には、何回聴いても、

曲の冒頭でジュリアンと呼ばずに、

ジョンと言っているように聴こえるのですが、

皆様はどう聴こえますか?


※追記:上記では、『ハッピー・バースデー』

と記述しましたが、間違えました!

正しくは、『Happy Christmas』です。

私のイイカゲンな性格が露呈しました。

訂正してお詫び申し上げます。m(__)m

 

f:id:otakebi13:20101001222611j:plain

(今は無きジョン・レノン・ミュージアムの

 ポスター)