シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

黒い猫の顔がある小銭入れの話

今や、現金は使わずに、キャッシュレス決済へ
と時代は移行しつつあるのかもしれません。
そんな時代の変化を感じつつも、
私はまだまだ現金が手離せません。
1円単位でお釣りをもらうことも多いために、
小銭入れも当然ながら使い続けております。


ちなみに、私の小銭入れはこれです。

猫の顔がモチーフです。
(妻からの頂き物です)


先日、ふと目をやると、この小銭入れから、
猫の顔が無くなっているではありませんか!
残されたのは、黒の四角いケースのみです。
そんなに乱暴に扱った覚えはありませんが、
きっとポケットに入れたまま、
どこかの椅子に座った際に、
変に圧力がかかってしまって、
その結果、猫の顔がもげたのだと思いました。


妻には、もちろん報告は入れました。
これッ、猫の顔が無くなった、
どこへ行ったか、知らないか・・・?


もちろん、妻も知ろう筈もありません。
私はそのまま、猫の顔のない四角い小銭入れを
使い続けたのでした。


数日後、妻の元に叔父から電話が入りました。
(この叔父とは、最近は行動を共にすることが
多かったのです)
叔父が言うには、彼は自分が使用する小銭入れ
をどこかで紛失してしまい困っている様子。
そのため、心当たりはないかと我々夫婦にも尋
ねたという訳でした。


叔父が使っていた小銭入れは四角でブラック。
これで、妻はピンと来たようです。
私が使っている猫の顔がない四角い小銭入れ。
色はブラック・・・。


これって、もしかして、叔父の小銭入れでしょ!


妻にそう指摘された時、
私はまだ半信半疑でした。
もしそうだとしても、
他人の小銭入れを気がつかずに使い続けられる
ヤツが何処にいる?
(ここにいた)


そのとき、妻を横に乗せての運転中でした。
猫の顔の付いた黒の小銭入れ・・・。
猫の顔がもげた黒の小銭入れ・・・。
そして、叔父が失くしたという黒の小銭入れ。


その刹那、妻が見つけたのです。
車のシート横の隅に挟まった、
一つの黒い小銭入れを。
そして、その小銭入れの表面には、
確かに猫の顔があったのです。


それは、私が妻から貰った猫の小銭入れ。
私はそれを車の中に置き忘れて失念し、
替わりに叔父の小銭入れをそれと気付かないまま
我が物として使っていたのでした。


ご参考までに(こんな話、参考にする人が存在
するとは思えませんが)叔父の黒の小銭入れと
私の猫の顔がある小銭入れの写真、
その両方を貼っておきます。
(左側が妻から貰った猫の小銭入れです)



・・・きょ、共通点は黒だけです。(汗)
(このフレーズ、過去記事でも使いました)


それにしても、あのタイミングで叔父の小銭入れ
が車の中で発見されたものです。
(妻のお手柄です)
もし見つかっていなければ、
私は今も叔父のそれとは知らないまま、
平気で使い続けていた筈です。