読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

ジョン・レノン似の名前の赤ちゃん、その名付け親の顔を見たいと思った話

稀に、一人で静かに飲みたくなることがある。

といっても、バーなどにはまず行かない。

元々が口下手の私だから、

マスターと何を喋っていいかわからない。

無言でいるのも、なかなか辛いものだ。

手持無沙汰で気が引ける。

 

そんなときは、ちょっとした料理を出す店に限る。

8年前のある夕方、

私は巷で餃子の名店とされる店に、

一人で入った。

以前から、ぜひ行ってみたと狙っていた店だ。

食べてみると、たしかに美味しい。

 

私は、耳にするままに、

店の女将と、常連客と思われる男の会話を聴い

ていた。

 

「ママの娘さん、赤ちゃんが生まれたんやって?」

 

「そうなのよ、女の子なの。 可愛いわね、

 見る度に変化があって、面白いのよ」

 

「名前は何にしたの?」

 

「それがね、リノンちゃん。

『稟』」という字と、『音』という字をとって、

『リノンちゃん』って言うの。

 娘の旦那がつけたのよ」

 

「おぉー、ジョン・レノン、に似ているなぁー」

 

f:id:otakebi13:20150227131112j:plain

ここで、私はビールを吹き出しそうになる。

「凛」と「音」で『リノン』・・・・。

たしかに、イケている!

ジョン・レノンのことを書いている私とすれば、

なぜか、妙に嬉しくて仕方がない。

 

『凛』という漢字と、『音』か・・・。

いったいどういう発想で、この二文字を繋げた

のだろうか。

しかも、『リノン』と読ませるとは・・・。

 

名付け親は、なかなかのセンスの持ち主であろう。

ビートルズと聞けば、

思わず涙腺が緩んしまう私としては、

是非この名付け親に会ってみたいと思う。

 

つづけて、常連客のオヤジは言う。

 

「こういう感じの名前、増えたよなぁー。

 最近はもう驚かへんもんなぁ。

 そういう時代になったんやろうな。

 むかし、話題になった、『悪魔ちゃん』ちゅうの

 はどないなったんやろうなぁ・・・」

 

ほんとうに、どないなったんやろう?

虐められていなければ、よいのだが。

 

(尚、1個前の記事で、『凛音(リノン)』という

 娘を登場させましたが、この名は、この時の会話

 から拝借した(パクッタ)ものです)