読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

探し物はなんですか、片方のスリッパが見つからない話

朝起きると、片方のスリッパが見つからない。

昨夜までは、確かに履いていたスリッパ・・・。

いったいどこへ、消えてしまったのか。

 

とはいえ、そのうち、出てくるだろうくらいに

考えるのが男。

どこへ行ったのかと訝しがり、

徹底的に探そうとするのが女。

 

私は幼少のころから、不思議なことが大好きで、

やれ、超能力やら、四次元やら、バミューダ海域やら、

そんな類の本を読んでいた。

だから、片方のスリッパは四次元の世界へワープした

のではないかと、ニタニタしながら想像したりする。

 

それから、井上陽水の昔の歌も頭に浮かんだ。

『夢の中へ』という曲だ。

 

「探し物はなんですか、探すのをやめたとき、

 見つかることもよくある話で、

 踊りましょう、夢の中へ、行ってみたいと、

 思いませんかぁ♪」

 

探すのをやめたら、そのうち見つかるさ、

と決め込んで、探すのを完全放棄する愚夫。

一方、あちこちをひっくり返して、

探し続ける妻。

それでも、やっぱり、スリッパは出てこない。

 

小一時間して、妻は掛布団をひっくり返す。

すると、スリッパが床に落ちてきた。

妻は、スリッパを愚夫に投げて寄こす。

「ほらー、ここにあったじゃない」

 

だがしかし、その掛布団は、

私が二度もひっくり返しては畳み直し、

しっかりチェックしたはずだった。

 

なので、スリッパは本当に四次元へ行って、

そこからまた戻ってきたのではないかしら、

などと考えてしまうくらい、

愚夫はどこまでも、いい加減で、

デタラメな男であった。

 

f:id:otakebi13:20150302152212g:plain