読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル・イノベーション (Simple Innovation)

複雑で込み入った事象の単純化にトライ & 新しい発見を楽しむブログ by こうのすけ

歌っていた曲がイマジン、ゆえに逮捕を免れたらしい話

先般、友人宅に招待されました。 少し、早かったのですが、 仲間内での忘年会を催しました。 パリに住む参加できない友人はから、 新作のボジョレー・ヌーボーが届き、 皆で一緒にそれを味わいました。 ご承知のように、 パリは参事があり、大変な状況ながら…

幼稚園の思い出

幼少の頃、私が住む所はまだまだ荒地 が残っていました。 崖(ガケ)なんかも廻りにあって、 高いところから跳び降りたりして遊ん だものでした。 私にとっては、世界は十分にスリルに 富んだものでした。 ある日、母親に連れられて、 幼稚園に入園しました…

溜め池

手を変え、品を変えながら、 モノを書くことは好きなのですが、 喋るのは苦手なこうのすけです。 とくに、人前で話すのが・・・(汗) 書いているときは、 いわゆる無意識からのサポートがあって、 そのお蔭で書けたりすることもあります。 しかしながら、人…

類は類を呼ぶ・・・を妙に実感させられた話

コンビニで買い物を済ませた私は、 駐車場に停めてある車の中へ身を沈める。 ここは、Wi-Fiの電波が届くから便利だ。 ときどき、ここで自分のブログや、 他のブロガーの皆様の記事を読む。 車の中でスマホをいじってから数分後、 おもむろに車のドアが開く音…

夫がムクドリになった?話

私の夫は変わってるの。 この間なんて、夜中に突然起こされて、 笛を吹きに行こうと言い出すのよ。 私はもうビックリして、 靴もはかずに外へ出ようとする夫を必死 になって止めたわ。 その時の話はこちらよ。 otakebi13.hatenablog.com とくに、お酒を飲む…

【その2】迷惑コメントに対峙してみた話の続編

前回の記事、 otakebi13.hatenablog.com カンの鋭い読者の皆様はすでにお気付きのこと と思います。 この記事は、迷惑コメンターに向けて書いたも のです。(2007年に) 炎上狙いのコメンターに向けて、 3日目にUPしたのはこの記事に当たります。 最…

朝の散歩中、昔の自分に似た男からフイに声をかけられた話

散歩にせよ、通学や通勤にせよ、 毎日同じ道を歩き、変わらぬ風景に接している と飽きが来てしまい、日常というものからどう にも逃げ出してしまいたくなる。 それゆえ、私が朝の散歩するときには、 なるべく同じ道は通らぬようにしている。 だが、その一方…

AB型の女、ゴルゴ13『白夜は愛のうめき』

先日、お寿司屋さんで飲み食いしていると、 女性のお客さんが入って来て、 カウンター席に陣取りました。 一人客です。 このお店では、女性のお一人様も珍しいことでは ありせん。 最初は戸惑いつつも、 一度入店してしまえば、それ以後は、 安心して再訪す…

笛吹き憑依現象の怪、及び、PCマウスが復活した話

私の『笛吹き・夢遊病事件』は、 友人たちの間では、少なからず、 波紋を広げたようです。 早速、中世ヨーロッパの暗黒史(?)にハマッ ている友人から、 下記のようなコメントを頂戴しました。 掲載の許可を頂いたので、 以下、貼り付けます。 <掲載開始…

笛なんて持ってないのに、笛を吹こうとした私って誰?

当ブログでは、『無名の人で、変な人』というカテゴ リーがあります。 今まで私は、ヘンな人のことを散々書いてきました。 しかし、この私こそが最大のヘンな人・・・。 (宇宙人にさらわれるべきは、この私だ) このことを再認識せざるを得ない出来事があり…

頭を打ったせいでしょうか・・・時間を読む新しい概念を発見した話

相変わらず、引越の準備をしています。 作業中に、ちょっとした事件が起こりました。 トタンというのでしょか、 昔の人が、服をしまう時に使っていた箱。 トタンの箱の中には、 私が昔使っていた音楽用の機材が収納されて いました。 その中身を整理するため…

UFOにさらわれますか?・・・その方がマシに見えた男

本日も、ヘンな人の登場です。 どうにもこうにも、 ヘンな人との縁が切れないこうのすけです。 夕暮れ時、道を歩いておりました。 会社帰りのサラリーマンや、 買い物を終えて家路を急ぐ人など、 人の往来は結構ありました。 いつもと変わらぬ、日常の一コマ…

宇宙人よりも、背後に迫る危険な地球人に気をつけて!

<a href="http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150512-00010004-tocana" data-mce-href="http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150512-00010004-tocana">「宇宙人は地球で働いている」カナダ元国防大臣の超爆弾発言が話題!&…

私は子供?・・・『クレヨンしんちゃん』 と同じね、と烙印を押された夜

男は恨めしそうに夜空を見上げ呟いた。 今朝は降ってなかったのに・・・。 改札口を出て、通りの道まで出てくると、 道路のアスファルトを激しい雨が叩いている。 今夜は雨になる・・・天気予報では、 そんなことを言っていたような気もするが、 まあ大丈夫…

5月5日は子供の日・・・きょう新しい発見をした私は、やっぱり子供でしたか?

きょうは『子供の日』。 私のための1日かな? だって、私は子供だから。 大人になった実感がまるでない。 先日、友人宅へお邪魔し、 食べたり、飲んだりして楽しんだ。 その家は少し高台にあり、 リビングから望む景色が気持ちいい。 そこから、大阪城が望…

その後の皿うどん事件・・・もしかして、私の身代わりになってくれた人がいた? という話

昨日、お昼を食べに行ったのは、 またしてもリンガ〇〇〇〇だった。 あの『皿うどん』を落とされそうになったお店。 (該当記事はこちら↓↓↓) <a href="http://otakebi13.hatenablog.com/entry/2015/03/29/151333" data-mce-href="http://otakebi13.haten…

Googleが特許を取得したとされる「性格」ダウンロード技術に関連して、『 予定調和 』的に考えてみた

故人を“再生”できる…「性格」ダウンロード技術、グーグルが特許 元記事はこちら↓↓↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150411-00000542-san-bus_all 先日、例のお寿司屋さんで、またしても、 変な人に出会った。 その人は、詳しくは描写したりはしながい…

思いっきり地味な記事を書いて、少なからず興奮を隠せない、アホなブログ管理者

7日の記事、『とっても変なことなのに、 まともな会話が成り立ってしまい・・・(省略)』 が当ブログに於ける“ 注目記事 ”のトップに 躍り出てしまいました。 遠く離れたマーリンズに入団したイチロー選手 は今日の試合でバントヒットを決めて、 今季初安…

とっても変なことなのに、まともな会話が成り立ってしまい、驚いたという話

陽は沈みかけ、辺りはすでに薄暗い。 仕事から家に戻った私は、 車をガレージに入れようとしていた。 そんな折り、私に声をかけた女性がいた。 暗くてよくは見えないが、 その女性とは会ったことがない・・・。 女性は、OLさんが着るスーツ姿だった。 もし…

まだまだ引っ張る、皿うどん事件・・・自力と他力

皿うどん事件・・・まだまだ引っ張る私です。 このシツコサは、ADHDや、アスペルガー特有のもの。 これには、本人でさえも、 どう対処すればいいかわかりません。 読者の皆様には申し訳なく思います。 せめて、短い文章にします。 本日の主題は、自力か、他…

変な人との出会いを 渇望してしまう私っていったい・・・

当ブログでは、『無名の人で、変な人』、 『不思議体験・泣き笑い』というカテゴリーを 作っています。 今現在、その関連の記事が多いです。 ブログのタイトルは、『シンプル・イノベーション』 ですが、なんか全然違う方向へ行ってしまっております。 先日…

車のキーがないのに、エンジンがかかった・・・という話

本、本、本・・・。 こうなると、多いを通り越して、エグイです! 本日も、友人の手を借りながら、 手放す本の荷造りを行いました。 本の出張査定を依頼しようと、 ブ〇〇〇〇へ電話しました。 すると、今の時期は予約が一杯で、 4月12日以降ならば、こち…

引っ越しの手順、片付けられない私の反省文

近々、引っ越しをすることになりました。 友人によると、引っ越しには、 手順というものがあるそうです。 捨てる物と、残す物を取捨選別するのですが、 まずは本から始めよ!、と言うのです。 彼のアドバイスをまとめると、 次のようになります。 1、本だけ…

眼瞼下垂の手術後、私にオーマイガッー!と叫んだ女

かれこれ10数年前のこと、 眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術を受けた ことがあった。 眼瞼下垂とは、いわゆる、 まぶたが腫れぼったくなり、下に垂れ下がって くる様をいう。 俳優で、岸部一徳さんという 方の、あの重苦しい(失礼)まぶたを思い出し て…

お寿司屋さんで、なぜかナックルボールを多投する女

先日、連れ合いと二人してお寿司屋さんへ行った。 もうすっかり馴染みのお店である。 大将もよくしたもので、こちらの嗜好に合わせて、 お寿司は勿論、季節の小料理、それから、 鍋料理まで出してくれる。 置いているお酒は焼酎からワインまで揃えてあ るが…

探し物はなんですか、片方のスリッパが見つからない話

朝起きると、片方のスリッパが見つからない。 昨夜までは、確かに履いていたスリッパ・・・。 いったいどこへ、消えてしまったのか。 とはいえ、そのうち、出てくるだろうくらいに 考えるのが男。 どこへ行ったのかと訝しがり、 徹底的に探そうとするのが女…

カレーにピクルス、女の心理と、男の心理は、こんなにも違うものなのか?

ある日、お昼にカレーを食べに行きました。 『インディアンカレー』という、 関西では名の知れたカレー屋さんです。 お店は基本的にカウンター席で占められており、 ゆえに一人で食べに行くことが多く、 間違って数人で行ったりすると、 辛いカレーを食べる…

赤いアウディーの女、そして、勝負は一瞬でついた

凛音(リノン)は憂鬱な面持ちで、 母親が運転する赤いアウディーの助手席に乗り込んだ。 今日は、デパートに引き出物を選びに行く日だ。 彼女自身の結婚式が10カ月後に迫っていた。 だが、凛音はあまり気が進まなかった。 結婚ではなく、今日自分の母親と…

涙が出るほど、シャバの人間を舐めきった坊さんの話

昨日と今日、お通やとお葬式に行ってきました。 当然のことながら、お坊さんがいらして、 読経をされておりました。 でも、両日とも、説法は一切ありませんでした。 宗派によっては、説法をしないところもあるので しょうか。 ネットで少し調べてみましたが…

お坊さんの説法で、冷や汗が出るくらい、苦しめられた件

日本古来の茶道や華道には、 定められた作法というものがある。 作法とは、伝統という言葉に置き換えられよう。 同じように、葬式や法事にも一定の決まり事があり、 一連の流れに従って、儀式は粛々と進んでいく。 お経が終わると、お坊主さんが説法すること…